准看護師の日常生活 理想の看護師とは

准看護師の日常

看護師には「正看護師」と「准看護師」と種類が分かれています。簡単に言うと、正看護師の場合は国家試験に合格することで看護師になれ、准看護師の場合は都道府県の検定試験に合格すれば良いのです。

 

つまり、取得している資格のレベルとしては国家試験の方が難しく、その分多くの知識を有しているということになります。そのため、多くの病院では正看護師の方が給与が高くなっています。

 

仕事内容からしてみれば同じです。また、患者さんから見れば同じ「看護師さん」です。ただし、正看護師は国家資格を合格しているという所が大きく、お給料は上ですし、出世しやすいです。

 

そんな私は過去に准看護師として病院に勤務していて、その後正看護師になった経験を持っています。准看護師としても仕事内容に不服はなかったのですが、同じ仕事をしていてお給料が違うというのが、どうしてもくやしかったので、正看護師になる決意をしました。

准看護師にもメリットがある

准看護師は正看護師よりメリットが少ないように思えますが、実はそんなことはありません。病院の考え方によるのですが、正看護師のお給料は高めです。一方、准看護師のお給料は低めです。でも、仕事内容はほぼ同じなのです。(正看護師の方がもっと深い仕事をすることができますが・・・。)

 

そうなると、コストが低い准看護師を雇った方がコストパフォーマンスが良いということになるのです。病院も経営です。人件費は特にお金のかかるものです。出来るだけ削減したいと考えるのは至極自然のことなのです。

 

そのため、これは私の勝手な見解ですが、就職・転職の際には採用されやすいかも?です。

逆のデメリット

矛盾するようですが、お給料が多少高かったとしても正看護師を採用したがる病院があることも事実です。

 

正看護師の方は国家資格です。知識も豊富ですし、実習経験の面でも学校によって異なりますが、倍以上の経験を積んでいることがほとんどです。ドクターからしてみても指示がしやすいと言えます。

 

正直に言うと、正看護師と准看護師、どちらを目指す方が良いのかと言うと、断然「正看護師」と言えます。

 

看護師転職 成功のコツ